[WWE] 2014年 NXTテイクオーバー:レボリューションの試合評価を振り返る:フィン・ベイラー、ヒデオ・イタミ、ケビン・オーエンズ、サミ・ゼイン、ネヴィル登場、他

NXTテイクオーバーレボリューション

2014年12月11日(日)開催「WWE NXT TakeOver: R Evolution」のレスリング・オブザーバー★採点を振り返る。


Wrestling Observer 2014.12.17
レスリング・オブザーバーの試合評価
(Wrestling Observer Rating on Survivor Series)

第1試合 NXTタッグ王座戦
カリスト&シン・カラ(C)
vs.
サイモン・ゴッチ&エイデン・イングリッシュ

※:サリーダ・デル・ソル (6分39秒)
WON採点:★★1/4

ーーーーーーーーーー

第2試合 シングルマッチ
ケビン・オーエンズ vs. CJパーカー

※:ポップアップ・パワーボム (3分13秒)
WON採点:★★1/4
※オーエンズのNXTデビュー戦、CJパーカー(※現ジュース・ロビンソン)は環境保護を訴えるヒッピーという謎ギミックをやっていた。一方オーエンズはエプロンパワーボムで選手を欠場させるキャラだった。

ーーーーーーーーーー

第3試合 シングルマッチ
バロン・コービン vs. タイ・デリンジャー

※:エンド・オブ・デイズ (40秒)
WON採点:評価無し(※40秒で終わったので)
※コービンはまだ髪が長かった。デリンジャーは2019年2月に退団し、その後AEWと契約。

ーーーーーーーーーー

第4試合 タッグマッチ
フィン・ベイラー&ヒデオ・イタミ
vs.
ジ・アセンション

※:ダブルダイビングフットスタンプ (11分34秒)
WON採点:★★★1/4
※デーモンキングはこの試合でWWE初お披露目その後ベイラーはNXT王者、初代ユニバーサル王者、IC王者となって現在はNXTに戻ってNXT王者に。イタミはは2019年2月に退団、現在新日本プロレスでKENTAとして活躍中。アセンションは2019年12月に退団。

ーーーーーーーーーー

第5試合 NXT女子王座戦
シャーロット(C) vs. サシャ・バンクス

※:ナチュラルセレクション (12分11秒)
WON採点:★★★1/2

ーーーーーーーーーー

第6試合 NXT王座戦
エイドリアン・ネヴィル(C) vs. サミ・ゼイン

※:ヘルヴァキック (23分14秒)
WON採点:★★★★3/4
※ネヴィル、ゼイン、オーエンズ、ベイラー、ヒデオの5人はNXT5と呼ばれ、NXTの中で特別待遇だったそうです。特にメインイベントは激しい試合だったのでNXTの評価を上げてこの後WWEはトップインディ選手を中心に獲得する方針に変更します。

ーーーーーーーーーー

オブザーバー読者による評価
※NXTテイクオーバーはどうだった?
良かった:182票(100%)
まあまあ:0票(0.0%)
悪かった:0票(0.0%)

※ベストマッチ
ネヴィル vs. ゼイン 168票

※ワーストマッチ
コービン vs. デリンジャー 104票
カリスト&シン・カラ vs. ゴッチ&イングリッシュ 10票

ーーーーーーーーーー

※観客動員数:約400人(満員)

ーーーーーーーーーー

※参考:12月23日放送のNXT 試合結果

※参考:オブザーバーの12.6 NXTテイクオーバー:ウォーゲームズ 試合評価
.

(情報:Wrestling Observer)
.


オブザーバーの試合評価は試合内容の技術的な面やストーリーテリングだけでなく試合に至るまでのストーリー、会場の雰囲気、過去の試合等も考慮されて採点されているそうです。中邑真輔vs.ゼインは盛り上がったのに★★★★1/2だったが、前年のG1 棚橋vs.中邑の方が良かったのでこの点数になった。