[WWE] 大量解雇 UPDATE:今回は計14選手に、シン・ブラザーズやキリアン・デインも解雇に

今日の解雇まとめ。


PWInsider 2021.6.25
大量解雇、今回は計13選手に

現地時間6月25日(金)NXTや205 LIVEの6選手の解雇が明らかになったが、さらにサミル&スニル・シン、アルトゥーロ・ルアス、マリーナ・フェイファー、カート・スタリオン、そしてキリアン・デインの解雇が明らかに。
これで解雇された選手は計14人となりました。(※ライターも含めてると15人)

トニー・ニース
アリーヤ・デバリ
チェイス・パーカー
マット・マーテル
ファンダンゴ
タイラー・ブリーズ
オーガスト・グレイ
サミル・シン
スニル・シン
アルトゥーロ・ルアス
マリーナ・フェイファー(ロデリック・ストロングの嫁)
カート・スタリオン
キリアン・デイン(ニッキー・クロスの旦那)
ティノ・サバテリ
ケニス・モブレー(ライター)
※サバテリは昨年4月に解雇されたが、同年10月WWEに復帰していた。試合に出る事なく解雇となってしまった。

ショーン・ロス・サップによると、解雇された205 LIVEの選手はギャラの高い選手だそうです。選手によって競業避止義務が90日間と30日間の選手がいます。
今回の解雇は、7月のツアー復活に向けてのコストカットだそうです。(※今後のビッグネーム復帰に備えてのコストカットだたとの話も)
.

※参考:春の大量解雇再び、計10選手が解雇に

※参考:NXTでも大量解雇が始まる、計8人が解雇に

※参考:大量解雇再び、ブラウン・ストローマン、アリスター・ブラック、他
.

(情報:PWInsider/他)
.